トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中
来客用のカップ&ソーサーを探していて、
綺麗だな~と思って買った、
ノリタケのセット。






今まで、こういうのには興味がなかったから、
あまりに何も知らなくて、ほんとに好みだけで買ったんだけど。


ぼーっと、このカップを眺めながらお茶を飲んでたら、
いつ頃のものなんだろう、
おなじシリーズで他にも何かあるのかな、なんて、
むくむくとわきあがる好奇心。

職業病??




とりあえず、調べてみる。



最初の手がかりは、これ。



やたらとシンプルというか、レトロというか、
とにかく情報少なめなラベルから。

それにしても古くさい書体だなぁ、
古くから続いてるブランドだから、
こういうところは変わってないのかなぁ、なんて思いつつ。

「ノリタケ プリムローズ」とか、
「ノリタケ 4017」なんかで検索してみたけど、
ほとんど情報が出てこない。

どうやら、これとおなじものを
「デッドストック」としてみつけた人はいるようなのだけど。。

ということは、現行品ではないから、
公式サイトにも載ってない、ってことかな。


ちなみに、箱はこんな感じ。



わたしが一度開封したから、
並べ方は適当だけど。

ソーサーは、未開封の袋に入ったままだったし、
食器は新品しか扱わないお店だったから、
おそらく新品なんだろう。



裏面の刻印。



ほんっと、どこまでもシンプルで
情報がないんだよなぁ。


食洗機で洗えるかどうか書いてたらラッキー、
なんて最初は思ってたけど、どうやらそれどころじゃないみたい。



ソーサーを開封していくと、一枚だけ、
新聞紙が緩衝材として挟まれた状態のものがあった。



新品未開封の袋の中に、新聞紙。。

ノリタケって、意外と庶民的??




って、この新聞紙、
よく見たら、なんだかとってもレトロ!



レトロっていうより、なんだかまるで、
KOKONにもたくさんある、
1900-60年頃の新聞紙みたいな質感。。

日本とイギリスじゃあ湿度もちがうから、
紙の劣化具合も、単純には比べられないだろうけど。


さらによく見ると、
記事の内容まで、レトロ。



電話交換手募集?
高卒女子事務員の給与が五万円から八万円??



今のところ、この新聞紙が発行された時代の
一番のヒントになりそうなのは、
裏面の、地方ニュース。



富山湾の魚介類の
第二次水銀汚染調査っていうのが
いつ行われたかさえわかれば、
なんとかなりそうなんだけど。。



…と、ふだんは外国のアンティークで、
おなじようなことをやっているのでした♪

でも今回は日本製品だから、
出てくる情報が全部日本語な分、とってもらくちん!


お時間のある方は、ぜひ私と一緒に、
この謎のノリタケについて調べてみてください♪

そして、何かわかったら教えてください!(笑





新聞にあった、
「富山電工、工場閉鎖を延期」の記事。

赤字を理由に、工場閉鎖を予定していた
滑川市の富山電工が、
ひとまず、工場の強行閉鎖を回避した、とのこと。


こんな記事がありました。

「なめりかわ宿場回廊」
http://www.city.namerikawa.toyama.jp/kankou/shukuba/G13.pdf

この記事によると、
滑川には、たしかに、富山電工の工場があったよう。

そして、富山電工がなくなったのが、昭和50年。


・・・ということは。

この、未開封のソーサーの袋に入っていた新聞紙と、
カップ&ソーサー本体とが、おなじ時期のものであると
断言することはできないけれど、
少なくとも、この新聞自体は、
昭和50年(1975年)よりも前に
発行されたものであることは、確かなよう。




そういえば、このパッケージ、
バーコードもどこにもない。

バーコードが日本にテスト導入されたのは1972年、
本格的に使われはじめたのは、1980年代らしいから、
やっぱり、ごく最近のものではない、ってこと??



もしかして、もしかすると、これ、
わたしが生まれるよりも前のものだったり、するのかなぁ。

謎は深まるばかりです。。






ノリタケの歴史については、
オールドノリタケのサイトだけど、ここが参考になりました。
おもしろーい!

http://www.noritakeshop.jp/history.html
20121023日(火)日記コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

Ami

Author : Ami

こつこつお店をつくりながら、
のんびりなしあわせも
満喫してます。

お店は、こちら。
アンティークKOKON*

Amiのつぶやき(Twitter)

< > Reload → 読む

最近の記事
カテゴリー
コメント&お返事
過去ログ
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード