トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

------日(--)スポンサー広告||TOP↑
(写真がたまってしまったので、ちょっとふりかえって日記にしていきます^^;)


2012年6月23日。

いつのまにか、屋根がついていました♪
はやーい!!



家って、ほんとうに木で作るんですね。。しみじみ。。。



リビングの、南側の掃き出し窓。



「窓は絶対、格子つき!」と夢見ていたので、
念願かなってほくほくです*゜

冬の夜は基本的に氷点下な地域なので、
アルゴンガス入りのLow-Eペアガラスが、うれしい。


玄関ホールは、こんな感じ。



左側のアーチ垂れ壁のあたりは、
ウォークインシューズクロークです。

まだ壁がないから、間取りが把握しにくい。。



2階南側の、仕事部屋。
あこがれの勾配天井です…♪



2階は、まだ窓がついていないみたい。

この大きな窓のすぐそばで、
商品の撮影をする予定。

家全体は、外壁も内壁も漆喰がほとんどなんだけど、
この部屋の、撮影につかう面の壁だけは、
KOKONらしい、オフホワイトの板壁になる予定です。



出番待ちの、2階の窓たち。



なーんか、かわいい*



屋根瓦は、最初に提案してもらったものが
どれもしっくり来なかったので、
新しく探してもらった、お気に入りの瓦です。



遠くから見ると、ちょっとすすけた感じでかわいい…んだけど、
けっこう離れないと、瓦って見えないんだよなぁ~。

次は、もうちょっと遠くからの写真も撮ってこようっと!
スポンサーサイト
20120623日(土)家づくりコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
人気商品の、フランスの古切手が完売してしまったので、
どうにか輸入できないかな~と調べてたんだけど、
ついつい、コレクターさん向けの、
美しいレア切手に目がいってしまう。

一枚一枚は、「手がだせない金額」というほどではないんだけど、
コラージュなんかに使う人がおおい
日本向けではないな、というのが、正直なところ。

でも、大きくて綺麗なんだよね~。。



実は、今回完売した切手たちは、
またおなじルートで仕入れられる可能性がないものなので、
新しいルートを探す必要があって。

というのも、この切手たちは、
ロンドンからかなり遠い地域で開催された
大きめのアンティークフェアで手に入れたものだったのだけど、
このフェアというのが、大物家具が大半な上に、
ちょこちょこと置いてある小物類は、
見事に、日本受けしなさそうなものばかり・・・という、
今までで一番大ハズレなフェアだったもので。

結局、あの会場で手に入れたのは、
たっぷりの古切手たちと、
あまりに買うものがなくてついつい買ってしまったけど、
中を開けてみたらとても販売できる状態じゃなくて
帰国後に泣く泣く処分したTIN缶ひとつのみだったのでした。


レンタカーで高速を飛ばしても日帰りできない距離だったし、
あれはほんとに、きつかったなぁ。


もう一ヶ所、古切手を買えると思っていたパリの露店も、
それ以降の訪問ではみつけられていないので、
なんとかしたいところ、なんだけど。。


古切手って、決して目立つアイテムではないけど、
わたし自身、子供の頃にどきどきしながら集めていた思い出もあるので、
なんとかまた仕入れたいな~と思っているところです。

もしかしたら次からは、
「フランスの切手」とか「中央アフリカの切手」とかじゃなくて、
ぜんぶ「世界各国の切手」になってしまうかもしれないけど、
なるべく、かわいいものを安く安定して仕入れられるように、
じっくり探してみますね!




建設中の自宅は、
一階の壁が立ち上がってきて、
ようやく、実感がわいてきたところです。

2階につける、小さな手洗いのデザインが決まらないよ~。

いろいろあって、体調はずっと低空飛行だけど、
工事は待ってくれないし、とにかく毎日、
インテリア雑誌やカタログとにらめっこしています。
なんとか、がんばろう。
20120614日(木)日記コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

Ami

Author : Ami

こつこつお店をつくりながら、
のんびりなしあわせも
満喫してます。

お店は、こちら。
アンティークKOKON*

Amiのつぶやき(Twitter)

< > Reload → 読む

最近の記事
カテゴリー
コメント&お返事
過去ログ
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。