トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中
今日は、ネットショップの舞台裏のお話です^^


KOKON*では、商品の写真は、
「デジタル一眼レフカメラ+とっても明るいレンズ」で撮影しています。

この組み合わせは、
「本当はどんより真っ暗な、かなり暗い日でも、
 まるで薄曇りの日のような明るさで撮れる」という、
いわば、魔法の組み合わせ♪

KOKON*の写真はすべて、
自然光だけで撮影することにこだわっているので、
これは、とってもたすかる魔法なんです。


でも、最近のデジカメって、
「素人でも、シャッターボタンを押すだけで
 まるでプロが撮ったみたいな、くっきり美しい写真になるように」と、
ときには迷惑に思える魔法もかけられていて。


そんな数々の魔法の中でも、
KOKON*が長年、悩んできたのが、これ。



このアルコパルのお皿の、お花の部分の色です。

この色、「赤よりのオレンジ x 黄色よりのオレンジ」に見えますよね?

でも実は、このお花は、
本当はもっと、レトロでぽってりとした色合いで、
「まるみのある赤 x おちつきのあるオレンジ」なんです。

Canonのカメラは、どうしても、
レトロかわいい地味なオレンジ色を、
派手な蛍光オレンジにしてしまうクセがあるみたいで。


この問題を解決するために、
KOKON*では今まで、こんな風に、
画像処理ソフトでいろいろ加工をして、
なるべく見たままに近づくようにしてきたのですが。。



これには、とっても手間がかかる上に、
やっぱり、他の部分が犠牲になってしまう。


でも今日、知ったんです!

カメラの設定って、
細かく自分でカスタマイズできたんですね~!


↑ 上が調整前、下が調整後の色合いです。(拡大できます)

この色はもっと彩度を落として赤よりに、とか、
こっちの色はもう少し明るく、とか、
こんなに自由に調整できる機能がついてたなんて!

これも相当手間がかかる上に、
専門知識が必要になってくるけど、
一度設定してしまえばずっと使えるから、
やる価値はあるかも♪


これからは、かわいいオレンジ色も
よりナチュラルに表現できるといいな~♪





一方、もうひとつの苦手分野である
「アンティークブックの皮の表紙」は、
まだとっても苦労しています。。


これが、撮ったままの写真。



このままでは全体的に暗いので、
いつもなら、全体を明るくするだけなんだけど・・・


アンティークブックは、
明るくすると、質感まで変わってしまう!




本自体が実際の色合いに近いのは、上の写真、
背景が実際の色合いに近いのは、下の写真。

こまったものです。。


KOKON*では今のところ、こんな場合は、
ひとつひとつのパーツを
できるだけ実物に近い色合いに調整してから
合成する、という技で乗り切っています^^;



こんな風に、本の部分だけ切り取って・・・




明るく調整した背景に合成して、この通り。



これが一番、実物に近いんです。


でもこれ、本当に手間がかかります。

もっといい方法があればいいのになぁ。




あ!

KOKON*では、こんな合成技も駆使して、
ひとつひとつの商品が、
なるべく実物に近い色合いに見えるようにしているけれど。

当たり前ですが、
商品を、実物よりもよく見せようとしたり、
実物の色とかけはなれたイメージ写真を掲載したり、
キズなどを隠すような加工をしたり・・・
というようなことは一切していませんので、
ご安心くださいね^^


これからも、
なるべく安心してお買い物ができるお店でいられるように、
せいいっぱいがんばります♪
20110222日(火)日記コメント(6)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

Ami

Author : Ami

こつこつお店をつくりながら、
のんびりなしあわせも
満喫してます。

お店は、こちら。
アンティークKOKON*

Amiのつぶやき(Twitter)

< > Reload → もっと読む

最近の記事
カテゴリー
コメント&お返事
過去ログ
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード