トップページコラムお支払・配送についてAbout KOKON*新着情報お問い合わせカートの中
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

------日(--)スポンサー広告||TOP↑
お問い合わせがおおかったので、
「標本箱引き出し」の作り方を追記しました^^

********


すっかり初夏のようなお天気になりましたね~!

服が軽くなった分だけ、
なんだか活動的な気分になっちゃう♪



連休中にたくさん撮った動物写真たちは、
またいずれ公開させていただくとして。。。


4月25日に、ぎっくり腰になってしまって、
なかなか治りが悪く、まだ通院しています。

パソコンの前にもあまり長時間座れなくて、
商品のUPが止まってしまっていて、
お店がなんだか寂しくなっているので、
せめてブログの更新だけでも。


すこし前につくった、
手作りの小さな棚。

100円SHOPの「標本箱」5つをベースにして、
小物を整理できる引き出しに変身させてみました♪



もともとは、一番上についている、
透明なフタつきのBOXとして売られているものです。

それを、1つはそのまま、
4つはフタをはずして。

一番下の段は、
底板をぬいた箱と、もうひとつの箱を
2つくっつけて高さを出して、
4段の引き出しに…♪

まわりの板は、ホームセンターでカットしてもらいました^^

全体にやすりをかけて、組み立てて、
最後にコーヒー染めで色をつけて、完成!



こんな風に、スタンプを収納しています♪+゜






お手製の消しゴムスタンプも。






今回は、「とにかくチープに簡単に」が目標だったので、
もともとついていた金具を、取っ手として再利用してみました。



いがいと使いやすい上に、
これで材料費800円ぐらいなら、文句なし!



スタンプも全部は収納しきれなかったし、
リビングに置いて、耳かきや爪切りなどの小物も収納したいしで、
あといくつか作ることになりそうです♪



*******

『標本箱引き出し の 作り方』


* 材料 *

 ・ Seriaの『標本箱』 5こ
 ・ ホームセンターでカットしてもらった、厚さ4mmのベニヤ板
 ・ 釘 または 木工用ボンド または グルーガン など
 ・ お好みの塗料 (色つきニス、アクリル絵の具、インスタントコーヒーなど)
 ・ (お好みで)紙やすり



標本箱5つをつかった引き出しです。
自分で作るのは、こんな形の棚の部分になります。





組み立てると、こんな感じ。



一番上には、標本箱をそのままのせ、
2段目と3段目には、「フタと金具をはずして取っ手をつけて標本箱」を入れ、
4段目には、「フタと金具をはずした標本箱2つを合体させたもの」を入れます。





棚部分の図面はこちら。

日記110511標本箱レシピ05
↑クリックで拡大できます。



こんな大きさの標本箱を使います。






* 下準備 *

ホームセンターで、ベニヤ板を買い、
サイズ通りにカットしてもらいます。

A (246mm x 159mm) … 2枚 (側面)
B (213mm x 155mm) … 4枚 (棚板)
C (213mm x 228mm) … 1枚 (背面)
D (193mm x 73mm) … 2枚 (最下段引き出しの内貼り)
E (129mm x 73mm) … 2枚 (最下段引き出しの内貼り)
F (213mm x 185mm) … 1枚 (棚板場所決めガイド)




参考:厚さ4mmのベニヤ板の場合、木取り図はこんな感じ。


1枚目 … 600mm x 450mm (厚さ4mm) の ベニヤ板
(Aを1枚、Bを4枚、Cを1枚 取ります。)


2枚目 … 450mm x 450mm (厚さ4mm) の ベニヤ板
(Aを1枚、Dを2枚、Eを2枚、Fを1枚 取ります。)


この図をプリントアウトして
ホームセンターに持って行くと便利かも。




* 作り方 *

1. 標本箱4つの金具とフタをすべて取りはずします。

   金具は、小さなプラスドライバーで簡単にはずせます。
   あとで使うので、捨てないで。


2. 「1.」で金具をはずした標本箱1つの底板を取りはずします。

   まず、カッターナイフで、底のコルクの周囲に切り目を入れ、
   そこにマイナスドライバーをねじこんで、
   ドライバーをねじるようにして、少しずつはずしていきます。


3. 標本箱2つを合体させます。

   「2.」で底板をとりはずした標本箱の下に、
   「1.」でフタをはずした標本箱を重ね、
   接着剤などで貼りあわせます。

   そして、内側に、木取り図「D」と「E」の板を貼ります。



   内側の製作途中は、こんな感じ。




4. 棚を組み立てます。

   木取り図「A」が側面、「B」が棚板、「C」が背面になります。
   板の配置はこちら。





   まず最初に、側面の2枚と、一番下にあたる底板をクギなどで固定します。

   (この時、背板の厚み分のスペースをあけておくため、
    板を手前に揃えた状態で固定します。)


   次に、底板の上に、「3.」でつくった大きな引き出しをのせ、
   その上に木取り図「F」の板をのせて、
   その上に木取り図「B」の棚板をのせ、
   「B」の板をクギなどで固定します。


   (この時、背板の厚み分のスペースをあけておくため、
    板を手前に揃えた状態で固定します。)


   固定した板の上に、今度は「2.」でフタをはずした標本箱をのせ、
   またその上に木取り図「F」の板をのせて、
   その上に木取り図「B」の棚板をのせ、
   「B」の板をクギなどで固定します。

   (この時、背板の厚み分のスペースをあけておくため、
    板を手前に揃えた状態で固定します。)

   これをもう一度繰り返して、棚板をすべてつけます。



5. さいごに、背面の板をクギなどで固定します。
   これで棚は完成です。


6. 「5.」の棚と、標本箱に、お好みでやすりをかけ、塗装します。


7. 「1.」で取り外したフタについていた金具を
   引き出しになる箱3つにつけて、取っ手がわりにしたら、完成です♪
   (もちろん、お好みの取っ手をつけてもOKです!)








私は、小さなクギを使って組み立てました。



グルーガンや木工用ボンドでもいいと思いますが、
乾かしたりする手間のないクギが一番簡単だと思います。


今回は、インスタントコーヒーを
すごく濃くつくったものをハケで3度塗りましたが、
アンティーク色のニスなどでもかわいいと思います♪

スポンサーサイト
20110509日(月)ハンドメイド・リメイクコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
今日は本当は、
待望のJAZの時計たちを
ご紹介できる予定だったのですが。

トップページにも記載の通り、
hotmail関係のメールアドレスに
当店からのメールが届かないという
トラブルが発生していることがわかり、
その対応に追われていました。

どうやら、hotmailのほうで、
KOKONが利用しているプロバイダーからの
メールがすべて、拒否されているそうなのです。

この問題、解決には
かなり時間がかかりそう。。。

当面の間、
hotmailのお客様には、
携帯からメールを送らせていただくことになるため、
通常よりもご連絡が遅くなるかと思いますが、
どうぞご理解ください。




と、これだけでは何なので、近況などを♪



イギリスからの荷物、
いろいろ届いています♪

ひさしぶりに税関でひっかかってたみたい。


今回のアイルランドの火山噴火の影響で、
お取り寄せアイテムなどもなかなか届かず、
ひやひやの毎日です^^;

とりあえず、届いた物から順番に
ご紹介&ご連絡していきますね!



また、先週、先々週と、
体調を崩してあまりパソコンの前に座れなかったので、
仕事は最低限にして、ソファで横になりながら
手芸などをしていました^^


できたものは、こんな感じ♪



お財布のぱんぱんをふせぐ、
小さなカード入れです。

100円SHOPのカード入れを
手作りのカバーでおおっただけですが^^;



ミシンも使えなかったので、
手縫いでちくちくと。

ボタンホールって、はじめて作ったけど、
手縫いでも意外となんとかなるものですね~!

お気に入りがひとつふえました^^*



ナチュラルな服装にあう、
髪飾りなんかも。



ほんとはバラみたいな花になるはずだったんだけど、
なぜかぺたんこに・・・。

まぁいいか♪



手作りといえば、
引越してきてすぐに作った、FAX台。

しばらく無塗装のまま使っていたのですが、
先日ようやくペイントできました。



思ったより色味が強くなってしまったけど、
白い家具ばかりのおうちだから、
これはこれでいいアクセントかな??

キッチンの横に置いて、
レシピなども収納しています。

最下段は、モデムやルーターなどの
ごちゃごちゃした機械類を隠して。

生活感ありまくりの写真でごめんなさい^^;







そろそろ、
おうちの中も少しずつ
飾ったりしていきたいなぁ。

まだ、必要な物を並べただけで、
カーテンすらない窓もあるし、
かなり殺風景なんです。

すこーしずつ、すこーしずつ。。。
20100517日(月)ハンドメイド・リメイクコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

Ami

Author : Ami

こつこつお店をつくりながら、
のんびりなしあわせも
満喫してます。

お店は、こちら。
アンティークKOKON*

Amiのつぶやき(Twitter)

< > Reload → もっと読む

最近の記事
カテゴリー
コメント&お返事
過去ログ
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。